水のトラブルが起こったら

水のトラブルが起こったら 水は私たちにとって生きていく上で欠かせないものです。しかし、その水が突然止まったり排水が巧くいかなくなったら、私たちは一体どうしたら良いのでしょうか。まずトラブルとして比較的頻繁に起こるのが断水です。これは地震などの災害の折に水道管が破裂するなどして、水の供給がストップしてしまう場合です。この場合は水道局の管理であるため、私達にはどうすることもできません。もしその事象が一家庭のみであった場合には、すぐに水道局に連絡をして処置してもらうことになります。また、水漏れも日常的に起こることの多いトラブルです。これらのことを各場所によって考察します。

■台所

台所は水を使う回数が一番多い場所です。それだけに水のトラブルも頻発します。よくあるトラブルは、朝起きたらシンクの下が水浸しになっていることです。台所は水漏れの可能性が一番高いです。そして、水漏れする箇所としては蛇口、排水管、給水管の三か所があげられます。蛇口については蛇口本体とレバーやカランなどの接続部分の緩みやパッキンの劣化が原因となって起こります。これらは接続部を締め直したり、パッキンを交換することで直すことができます。
排水管は、経年劣化によって水漏れが起こることがあります。この排水管はシンクと下水管を繋いでいる管で、普段あまり触ることのない場所であるため、余計に気づきにくくなります。さらに台所では、異物が管に詰まり一度排水されたものが逆流してくることもあります。シンクの周りが濡れている場合は蛇口が原因であり、シンクの下や床が濡れている場合は給水管や下水管が原因の場合が多いです。

■浴室、洗面所
浴室での水漏れも非常に多いトラブルです。まず水漏れの箇所としては、蛇口、シャワーヘッド、浴槽などがあります。浴槽は長年の使用により内部にひびが入り、そこから漏水することがあります。あるいは排水口にゴミが溜まり、水が流れないというトラブルもあります。浴槽や浴室内のひび割れは自分で修理することもできます。ただ、綺麗に仕上げる自信のない時には、手を付けない方が賢明です。
洗面所も同様ですが、排水口のつまりは髪の毛などの異物を長期間流すことにより起こるので、市販の薬剤を使って除去するのがおすすめです。それでもダメな場合は下にある排水管のu字トラップ部分を交換すれば直ることがありますが、これは素人では難しい作業です。

■水道業者の選び方と応対

水のトラブルに遭った時、修理にはやはり水道業者に頼まなくてはならなくなります。しかしこの場合、最低限知っておかなければならないことがあります。そうでないと思わぬ出費を余儀なくされることがあるからです。まず気をつけなくてはならないのは、水道工事は緊急な場合が多いため、業者によってはこちらの足元を見て高い金額を提示してくる場合があるということです。客側も緊急のために、見積もりを取ってもついその高い金額を受け入れてしまうことがあります。
まずは見積もりを取り、そしてその見積もりが無料であることを確認します。次に指定工事業者であることを確認する必要があります。また、見積もり段階で部品の交換などを提案された場合は、即決してはいけません。応急処置だけをしてもらい、部品の交換はそのあとに考えることもできます。そして、見積もり通りの作業をしているかどうかの確認も大切です。

■まとめ
水のトラブルは、私たちの生活の中で常に付きまとっています。地方自治体による計画節水や断水は仕方がありませんが、水漏れなどは日頃の努力で防げることも多いです。例えば排水口は常に清潔にしておく、あるいは排水ネットを利用するのも良いです。排水管やホースの接続部分などは防水テープを使って巻いておくのも効果的です。蛇口やパッキンは交換することで経済的な節約にもなります。しかし、大切なことは無理して自分で直そうとはしないことです。硬いねじを無理に回そうとして管が破損して大きな水漏れになるケースもあります。直すときにはまず水道の元栓を締めてから取り掛かり、無理だと思ったらすぐに専門業者に頼みましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース