水のトラブルを蛇口交換で直す

水のトラブルには様々なものがありますが、中には自力で直すことができるトラブルもあります。それは部品の劣化によってトラブルが発生し、それが比較的簡単に外せる部分の場合です。代表的なものに蛇口やパッキンの交換があります。

■蛇口の様々なタイプ

蛇口と一口に言っても色々なタイプがあり、場所によっても違うことが多いです。交換するにしてもどんなタイプなのかきちんと確認してからホームセンターに買いに行くべきです。まずキッチン用ですが、台付きで穴が一つで取り付けられているものと、二つで取り付けられているもの、壁に取り付けられているものの三つがあります。浴室用は台付きのものと壁付のものがあり、それぞれシャワーがついているものとついていないものがあります。洗面用ではポップアップ式、ワンプッシュ式、ゴム栓式の三つがあります。

蛇口 交換の時期と方法

蛇口の交換は基本的に壊れた時に行ないますが、耐用年数は大体15年程度となっています。そのため、それ以上過ぎている場合は、いつ壊れてもおかしくない状態になっているといえます。パッキンの交換だけで済むこともありますが、長年使用している場合は蛇口自体の腐食が進んでいることも多いので、パッキンだけではなく蛇口そのものを交換した方が良いこともあります。
交換方法は、まずは蛇口のタイプを確認し、止水栓を回して水を止めます。止水栓がない時は元栓を止めます。シンクや洗面台の下に水栓から出たホースがあり、それがナットで繋がっているので、それを外します。この時ホースの残留水が出てくることがあるので注意が必要です。ワンホール水栓には逆止弁という部品があり、ここまでが取り換えるべき蛇口部分となります。次に蛇口本体はナットで固定されているので、これを取り外します。新しい蛇口を取り付けたら、付属品の逆止弁も取り付けます。その後給水ホースを逆止弁に差し込みます。これで取り付けは完了し、水を出して確認します。

■まとめ
蛇口交換について述べましたが、実際に修理しようとすると様々な水のトラブルに遭遇します。蛇口のタイプは色々ありますし、構造は一緒でも古いものと比較的新しいものでは細かな部分に違いが出てきます。ナットやねじなどは相当固く締まっていますし、経年劣化で部品自体が脆くなっていることもあります。こんな時に力任せに回して壊してしまうことも多いです。経費を節減しようとしてかえって大変なことになることもあるので、十分に注意しながら取り掛かるようにしてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ