トイレで発生する水のトラブル

水のトラブルで一番多いのは水漏れですが、それ以外にも水が流れないトラブルがあります。そして一番困るのはトイレです。水洗トイレは水が流れなければ途端に使えなくなりますし、日常生活に支障をきたすことになります。そこでここでは流れない、詰まったというトラブルについて考察します。

■トイレの水が流れない、詰まっている

トイレの水が流れない場合のほとんどの原因は、タンク内にあります。タンクに水を溜め込む方式の場合は、一度排水してしまうと、ある一定量まで水が溜まらなければ流れなくなります。また、タンク内に水があっても流れない時は、ゴムフロートが穴からずれていたり、浮き球が壊れて機能していなかったりします。
詰まっている場合は少し深刻です。便以外の異物を流していなければほとんどの場合、ラバーカップなどで直すことができます。トイレットぺーパー以外の紙であったりすると、内部で詰まっており、それを手で引き出せれば直りますが、そうでない場合は素人には難しい作業になります。

■給水管、排水管のトラブル

家の中には台所や洗面所、あるいはトイレ、浴室など様々な場所に蛇口があり、そこには給水管があり、排水管もあります。そのために様々な場所でこれらの管が問題を起こすことも多いです。ほとんどの場合、管の経年劣化によって水漏れを起こしたりします。これら給排水管は日頃目につく場所にないだけに気づきにくく、気づいた時には大きな問題になっていることもあります。特に排水管が詰まることが多いのは洗面所です。洗面所の管は洗面台の下を見てみればわかりますが、管がu字のように曲がっています。そのために髪の毛などの異物を日常的に流していると、ある日突然詰まってしまって水が逆流したりします。こんなことが起こらないように、異物は絶対に流さないように心がけましょう。

■まとめ
水のトラブルはある日突然やってきます。水が流れないというトラブルは、異物を流し続けたことによりますし、パッキンや給排水管の破損は、経年劣化によって引き起こされます。いずれも突然のことであり、慌ててしまうのが普通ですが、こんな時こそまず元栓を締めて落ち着くことが大切です。その後、水漏れなら漏れている箇所の特定、詰まりや水が流れないという症状ならばその原因を探り、その上で専門業者に依頼しましょう。その時も見積もりは必ず取り、その見積もり通りに工事が進むことも確認してください。そうすれば余計な出費をしなくて済みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ